IoTが様々な場面に導入され、本格的な広がりをみせるに伴い、取得データのビジネスニーズも少しずつ変化しています。
IoT環境整備のフェーズから、取得データの分析・活用フェーズへ。

本セミナーでは、IoT時代におけるビックデータ基盤構築の在り方、機械学習を活用したデータ分析・活用について、ツールや事例を交えながら、ご紹介いたします。

日時 2019年9月26日(木)15:00~17:00(受付14:45~)  
会場
〒104-0042 東京都 中央区入船3-2-10 アーバンネット入船
03-6228-4932


【最寄り駅】
東京メトロ有楽町線 新富町駅 7番出口 徒歩10秒
東京メトロ日比谷線 築地駅 3番出口 徒歩4分

参加費 無料
定員 20名 申込受付中
対象 自社で分析基盤の構築をしている方

※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※同業他社様、SI企業様、または対象者以外の企業様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。
主催 株式会社KSKアナリティクス
共催
協賛
内容 ◆当日のプログラム◆


①IoT時代のデータ基盤の作り方について《15:00~15:45》
株式会社INTHEFOREST 取締役副社長 高木宏明氏
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
超大規模データ・並列分散処理を得意とするデータエンジニアリングカンパニー
INTHEFORESTの高木氏が、実際にデータを収集・統合する基盤を作成する際に起こる問題点と対策の考え方をお伝えいたします。




②機械学習のビジネス活用について《15:45~16:15》
株式会社KSKアナリティクス セールスグループ マネージャー 菅井正
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ビッグデータ・IoTブームの到来により、"センサデータから機械の故障予測・異常検知"、"購買履歴から顧客の離反予測や商品推薦"、"消費者の声からクレーム要因の見える化"…など、データを活用したいと考える企業は増加しています。
ビジネスの現場で、機械学習が

しかし一方で、プログラミング言語(R/Pythonなど)を学びつつ機械学習モデルを作成することはハードルが高く、思うように分析が進まないという声も多く聞きます。
RapidMiner(ラピッドマイナー)は、プログラミング無しで初心者でも簡単に、データ可視化・機械学習モデル作成・精度検証までのデータサイエンティストが行っているような高度な分析業務を行うことができる機械学習プラットフォームです。​
RapidMiner


③機械学習プラットフォーム「RapidMiner」のご紹介《16:15~16:45》
株式会社KSKアナリティクス 広報・マーケティンググループマネージャー 黒岩千恵
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
機械学習プラットフォーム「RapidMiner」のデモンストレーションを交えながら、
「RapidMiner」の特徴、事例、弊社提供の教育サービスなどをご紹介いたします。


④質疑応答《16:45~17:00》
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
※ご希望の方は、セミナー終了後、無償にて個別相談を承ります。
※講演内容・プログラムは都合により変更させていただくことがございます。予めご了承ください。
備考

お問合わせ

KSKアナリティクス セミナー事務局
seminar@ksk-anl.com
※お申し込み後のキャンセルは、お手数ではございますが、上記E-mailまでご連絡ください。